個人ゲームアプリ制作 -
unityによるゲーム制作

リリースアプリ一覧

unity2D


[Unity]iOS framework addition failed due to a Cocoapods installation failure

Unity2017.2にバージョンアップしたらビルドできなくなったお話。

以前のバージョンではcocoaPods関係のエラーは見たことなかったのに、急に訳のわからんエラーが発生し4日程時間を費やすことになってしまった・・・。

そもそもcocoaPodsってなんやねんってレベルの初心者なので、解決できなければ引退する羽目になってました。


結論から言うと
ここのサイトの方が書いてくださってるエラーです。

cocoapodsやLinux、rubyなどの知識がある人からするとすんなり行くんでしょうが、ターミナルすら触った事がない私には何の話しかさっぱりって感じです。

なので、今回はターミナルすら触った事がないような方に解決方法を少し砕いて記載したいと思います。


そもそも、このエラーは色々試したところAdmobによって引き起こされるエラーです。
詳しい事はわかりませんが、Admobで必要なライブラリをcocoaPodsを経由してどーこーするみたい・・・。
その際に、文字コードが無効だよーっていうエラーを吐いてるそうです。

なので、ターミナルからコードを入力することによってエラーを解決します。


ターミナルはアプリケーション > ユーティリティの中にあります。
開くとこんな画面。


で、 ここのサイトの方の記事には


~/.bash_profileに、以下を追加。
export LC_ALL=”en_US.UTF-8″
で、
source ~/.bash_profile

と書かれています。

まず、bash_profileって何やねんって話。。。

色々調べたところ、私が理解できたのは
なんか知らんけど初めに読み込まれるファイルってことらしい。
unityのStart()みたいなイメージ。
この時に、文字コードの設定を読み込ませるようにしなければならないという訳です。

ちなみに、localeと入力すると

ってな感じで設定されてる文字コードの一覧が確認できるようになってます。

今はen_US.UTF-8になっていますが、設定前はja_JP.UTF-8になっていました。

では、ターミナルで vi ~/.bash_profileと入力しましょう。


そうするとこんな感じに出てきます。


上のif文はbashrcファイルがあれば読み込むってコードらしい(違ったらすいません).


で、この画面で入力をするのですが、現時点では入力を受け付けてくれません。

aを押すことで入力が可能になり、一番下にINSERTと表示されるようになります。
これで文字入力が可能となりました。

以下の画像のように入力します。


もしかしたらexport LC_ALL=”en_US.UTF-8″だけでもいいのかもしれませんが、私は色々こねくり回した結果こうなって動いているので、その辺りはお任せします。

入力が終わったらESCを押すことで入力の受付を終了できます。
その後、:wqと入力しエンターを押すことで、bash_profileへの記載が完了します。

で、必要かどうかはわかりませんが、最後にsource ~/.bash_profileと入力すれば完了です。


そうすると、localeで文字コードを確認すると、en_US.UTF-8になっているはずです。


これで再度UnityでBuild & Runするとエラーも出ずビルドされるかと思います。


本当に辛く長い戦いでした。
C#で自分が書いたスクリプトのエラーだったらまだ修正できるんですが、Build関係やAdmob、Xcode関係のエラーが出ると本当に分からないので、色々解決方法を記載して下さっている方々には感謝の気持ちでいっぱいですよ・・・。

分かりにくくてすいませんが、もし同じエラーでここに辿り着いた方がいらっしゃれば、無事解決できる事を願っています。

気軽にメールして頂ければ、分かる範囲でお答えすることも可能です。
ただ、私も素人で分からない事だらけなので期待はしないで頂きたいです。


以上!
2017 / 11 / 28
unity2D

スポンサーリンク

© 2018 Takahiro Ueda