個人ゲームアプリ制作 -
unityによるゲーム制作

リリースアプリ一覧

unity2D


[Unity2D]プレイ時間の計測

よくあるゲームのプレイ時間を計測する方法とスクリプト。

考え方は、Time.deltaTimeで毎フレーム経過時間を加算していく。
加算した経過時間を60で割った余りを秒(second)に代入。
加算した経過時間を60で割った数を分(minute)に代入し、60分以上経った場合は分をリセットする為0を代入。
加算した経過時間を3600で割った数を時(hour)に代入。


using UnityEngine;
using System.Collections;
using UnityEngine.UI;

public class BlockGenerator : MonoBehaviour {
	private float time;
	private int hour;
	private int minute;
	private int second;
	public Text timerText;

	void Start(){
		hour = 0; //時
		minute = 0; //分
		second = 0; //秒
	}

	void Update(){
		time += Time.deltaTime;

		hour = (int)time/3600;	
		minute = (int)time/60;
		if(minute >= 60) minute = 0;
		second = (int)time%60;

		timerText.text = hour.ToString("00") + ":" + minute.ToString("00") + ":" + second.ToString("00");
	}
}

加算されていく時間の総数の型はfloat型で、それ以外はint型。
後は時間を表示するテキストを用意しておき、時・分・秒を代入するだけでOK。

2018 / 02 / 26
unity2D
C#

スポンサーリンク

© 2018 Takahiro Ueda