個人ゲームアプリ制作 -
unityによるゲーム制作

リリースアプリ一覧

プランナー


ゲーム業界未経験でゲーム会社入社してから気がつけば一ヶ月が経過していた

ゲーム会社に入社して、気が付けば一ヶ月が経過していました。
未経験での入社で、すぐに制作会社に派遣され、何も分からぬまま奔走している感がありますが、周りがゲーム作ってるって環境はやっぱり良いですね。

一応土日祝日は休みなのですが、今携わっておる作品の調べ物したり、研鑽に努める為にアニメ見たり、過去作プレイしたりと忙しく、個人でアプリ作ってる暇がありません。

まぁ、その作品に対する知識が足りてないのだから自分が悪いんですがね。

なので、ゲーム会社に入るならばその会社の過去作はプレイしておく方が良いです。アニメとか漫画とかにも展開しているのであれば、もちろん手を伸ばしておいた方が良いです。

でも、別に必須ではありません。ただ、その内自分に返ってきます。
やっといて良かった、やっとけば良かったと。
結構打ち合わせの時に、過去作のこのシステムではどうこうって話が出たりするので、そうなるとやってない私は何も物が言えなくなってしまいますからね。

この手の職種はアウトプットが重要なんですが、インプット量が少なく過ぎてアウトプットできるものがないって状態です。

仕事の内容は少しだけ変わって、今はフィールドに出現する敵やボスの組み合わせの案出しをしています。
ここのフィールドはこの敵とこの敵を一緒に出現させれば面白いとかですね。
アニメとかにも展開してる作品なので、アニメではこいつとこいつが一緒になって登場してるとか、知ってる人は食いつく、知らない人はスルーってネタを頑張って引っ張ってきている感じですね。
ただ、案出しの段階なのでボツになる可能性もありますが、こういった事をやっていると、その作品の知識や愛があると作業も楽しくなるし、自分の作業も早くなる(調べる量が減る)ので、仕事をする上で有利になりますね。

正直、私が行っている作業は誰でも出来ますし、本データを入れていく前の準備作業なので、急いでやる必要はありません。
でも、いずれは誰かがやらなければならない作業でもあります。
そういう小さい作業をしっかりこなして少しずつ信用を得て、ステップアップしていくものだと思います。

プランナーとしての始めての仕事が理想と違う事も予想してましたし、どんな些細で小さな仕事でも、ゲーム開発に携われるだけでワクワクするし、楽しいです。
給料は安いですが、お金には代えられない貴重な経験をさせて頂けてると本当に思います。
お金は自分で時間作って稼げばいいので、今は生活できる分だけあれば十分です。
31歳で社会人経験8ヵ月の私を拾ってくださった、代表には本当に感謝しかありません。
言葉ではなく、結果で恩を返せるように日々精進していきたいと思います。

ちなみに業界未経験で採用してくれるゲーム会社ってほんと少ないですよ。
そもそも、未経験募集自体が少ないですからね・・・。
そういう意味では運が良かったです。

2018 / 05 / 21
プランナー

スポンサーリンク

© 2018 Takahiro Ueda