FOREST-APP

BLOG

新元号について思う事

  • 2019 / 04 / 01

  • 未分類

新元号は「令話」

今日本中で話題になっている新元号「令和」ですが、私は良いなぁと思っています。

元号は必要か不要か?

新元号が発表される前まで、元号なんてもう必要ない、元号と西暦でややこしいから西暦で統一すれば良いなんて事を個々で議論された方も多いのではなかろうか。
私も元号発表前までは元号はもういらない派でした。
どうしても金儲けや注目を浴びたいなどの思惑が渦巻いているように見えて、良いイメージを持っていませんでした。
でも実際に元号が発表されると、一つの時代が終わり、新しい時代が始まるような不思議な感覚に陥っている自分に驚きを感じています。
また、発表当初は類似する言葉が少ないからか、令和という音や漢字に違和感を感じるも、数時間経った今では良い元号だなと思うようになりました。

昭和から平成に変わる時は、物心もつかぬ幼子でしたのでどのような雰囲気だったのかは覚えていませんが、みなさん同じような感覚だったのでしょうかね。
平成は今では違和感の無い素晴らしい元号ですが、当時は変な元号私の親は思っていたようです。
このような議論をしたり、今よりも良い素晴らしい時代へという願いや想いなどを描く事ができる機会・区切りと考えると、やはり元号というものはあるべきなのかもしれません。

元号は合理化されつつある時代でありながら情緒を感じる事ができる一つの表現

元号が変わる事によって不便な事や、煩わしい事、手間や費用がかかる事など、様々ありますが別に良いんじゃないでしょうか。
元号よりも無駄なものが存在する世の中なので、わざわざ元号に目くじらを立てる必要もないですし、時代の移り変わりを一言で表す事ができる面では合理的ですし、それぞれの時代に情緒を感じる事もできる素晴らしいものであると私は思えるようになりました。

また、天皇皇后両陛下におかれましては、平成のご公務お疲れ様でした。
昭和から平成に変わる際は天皇の崩御が前提ですので、悲しみに包まれた中での新時代でしたが、両陛下がご健在で新しい時代を迎えられる事に喜びを感じます。

ですのでみなさん、今日から本気出しましょう。
私は令和になったら本気出します。